春が近い? 雪の朝

朝目が覚めたときに見る雪景色というのは、なんともいえぬ感動があります。
このあたりは雪の少ない地域なので、子どものころ雪が積もった朝には、そわそわしてあせりを感じたものです。
早く外に出て、人に踏まれていないきれいな雪道に足跡をつけたり、だれも触れていない雪を手でかき集めたり、
早く早くしないとすぐに溶けて、まっくろな雪に変わってしまう。

そしてそんな朝にかぎって、すばらしい晴天で学校に行くころには、じゅくじゅくしたぬかるみみたいになってしまって、それでも溶け残った雪を集めて遊んでいました。

b0237998_14283646.jpg


山にもう食べられる実が無いのか、ヒヨドリがきて庭の南天の実を食べていました。
南天の実はあまり鳥が食べないので、おいしくないのだなと思っていました。あるいは漢方薬として使われるだけに、大量に食べると鳥にも良くないのかと思っていました。
なのに、今年は南天の実がほとんど無くなっています。
いつもは冬も終わりに近づくと、リースにしていたサンキライの乾燥した実ですら食べるのに、南天は食べている感じがしなかったのですが・・・?  謎です。

ところで、そのとなりの沈丁花です。

b0237998_14293783.jpg


花のつぼみの上にこんもりと雪が載ってかわいいのですが、この花ほど春を待ちわびる花はないなあと思っています。晩秋になると早くもつぼみを付け始め、正月ごろにはこれくらい薄紅色に色づいてずーっと春を待っています。そしてまだ肌寒い3月はじめ頃にとてもいいかおりの花を咲かせます。
この花に「よくがまんしたで賞」をあげたいと思います。
[PR]
# by sdcozy | 2013-02-08 14:34 | いろいろ

はやぶさ

泉佐野市に行くことが、結構あります。アウトレットモールに行ったり、
魚の青空市場に出かけるのですが、とちゅう泉大津のPAによく立ち寄ります。
そのとき、PA内にあるホテルの方へ向けて望遠鏡を据えているのを、いつも見るので、今回何をしているのかたずねてみました。


私としては「UFOでも出現するのかな」とか、しょうもないことを考えていたのですが、親切に答えてくださった女性曰く、「はやぶさがいるんですよ」

すぐに理解できず(ちょっと人工衛星かしらとか思ってました)「はやぶさ?」とオウム返ししてると、「あのホテルのてっぺん近くに住んでるんですよ」と説明してくださいました。


b0237998_1475966.jpg 
b0237998_1492829.jpg



そして望遠鏡をのぞかせてもらうと、たしかにはやぶさの後姿が見えます。ちょっとみているとくるりとふりむいてくれました。ネットからひっぱってきたこの画像ではよくわからないですが、黄色いくちばしに目元が黄色でとてもきれいです。

巣作りして繁殖もしてるらしく、NHKの「ダーウィンが来た!」でもとりあげられた有名な鳥なんだそうです。カメラを設置している方たちは、地元の「ハヤブサの巣立ち見守り隊」の方たちです。
ヒナが飛行練習中に近くの淀川製鋼の工場敷地内に落ちることがあるらしく、工場の方が見守り隊に連絡したりと、サポート体制ができているそうです。

こんな近くで、絶滅危惧種でもある生き物が暮らしていて、見守られていると知って、すごく感動してしまいました。
[PR]
# by sdcozy | 2013-01-22 14:14 | いろいろ

晩秋

ひと月以上のごぶさたです。

11月も終わりに近づくと、なにやらいろいろ気持ちが落ち着かなくなってきます。
やらなきゃならないことがたくさんあって、不安感があるというか・・・。
ひとつづつ片付けるしかないのですけどね~ ...φ(。。*)

b0237998_1429398.jpg
と思いながら、絶好のお天気に誘われて、ふらふらと単車で出かけるのです。
目的もないのでとりあえず西へ。ビルの間から六甲山がのぞいていますが
紅葉しているのか、ちょっと茶色ですね。













b0237998_1431178.jpg
そういえば最近役所に行ったら、「みやたん」にあったので、写真を撮らせてもらいました。
このこは西宮市のゆるきゃらですが、プロフィールがなかなか凝っていて、
誰も興味ないと思いますが引用してみました。

『西宮の山から流れる川、伝説が残る池、ヨットが浮かぶ青い海、上質なお酒を作るのに欠かせない宮水。
この水たちに誘われるよう西宮に舞い降りた「水色の妖精」』

と、つまり西宮は酒造りの水で有名ということですね。
25日前に、ゆるきゃらサミットがあったそうで、今年はひよこの親玉みたいなのが優勝してました。

知名度は低いけどけっこうかわいいと思うんですけど、どうでしょ?
[PR]
# by sdcozy | 2012-11-26 14:08 | いろいろ

伊勢ツー その3

b0237998_14441995.jpg大王崎灯台。
一夜明けまして、少し朝ごはんを食べ過ぎて、胸焼け気味ですが、美しい白亜の灯台に感動です。
このあたり海の難所なのでダンダラ法師みたいなのが出るという伝説があるらしいですよ。
灯台へ至る細いみやげもん屋通りが少し寂れて、お店を閉めた真珠店らしきシャッターが目立ちます。
灯台からの眺めはかなり良いです。


b0237998_14455894.jpg昨日、燃え尽きるくらい走ったせいか、ぼんやりと疲れが残っているので、今日は伊賀上野の町並みを見て素直に帰ろうということで、伊勢道で久居まで行き、163号線(伊賀街道)を通って伊賀上野に入りました。お城の公園の周りは観光客も多く、小さいコスプレ忍者がうろうろしています。


b0237998_14463280.jpg←栄玉亭








お昼にうなぎをいただくことにして、伊賀で有名な栄玉亭に向いました。お店は古い普通の民家のようです。注文を聞いてから、生簀のうなぎをさばいて焼くのでかなり時間がかかります。個室で
待ちくたびれたころいい匂いと共にうな重が登場。皮はパリッと焼けて、たれもちょうど良い味でおいしかった。



個室からこんなお庭が見えます。のんびりするお店でした。
b0237998_14551359.jpg

うなぎやさんで思いのほか時間をとってしまったので、
急いで家路につきます。あとは名阪道をひた走って、何度かねむたくなりながら、無事帰宅できました。 お疲れ様でした~。
[PR]
# by sdcozy | 2012-10-15 15:00 | バイク

伊勢ツー その2




b0237998_1419365.jpg川上村役場からトンネルを抜けてダムや渓流のつづく快適なコースです。このあたりは渓流沿いに写真のようなちいさな温泉宿が点在していて、どんな温泉なのかなとちょっと気になります。

快適に走っていると、大台ケ原ドライブウェイの入り口が見えてきまして、せっかくだから走っちゃえということで、どんどんいきます。



b0237998_14133453.jpg


すごくすごく寒い。そしてやはり雲がかかりはじめ、それらしい天気になってきます、めずらしく雨は降らず、駐車場のあるビジターハウス前にやってきました。こっから本当はハイキングなどするのが通常なのでしょうが、歩くのしんどいので・・・いえ、先が長いので降りていきました。途中トドワラにあるような立ち枯れた針葉樹などあり、屏風のように重なる山々には感動しました。

その後、尾鷲経由で伊勢志摩へと向いましたが、遠い (´Д`;) 遠い、遠かった。
海岸沿いの道を行くうちにだんだん暗くなってきて、ナイトツーリングまで堪能した1日でした。我ながらタフに走りきった感があって自己満足しておりましたが、前を走る社長は見知らぬ土地をカーナビ無しで、勘を頼りに宿へ向っていたそうで、(゚ω゚;A)おみそれしました、 いやいや、お疲れ様でした。お世話になりました。

さらにその3へつづく・・・
[PR]
# by sdcozy | 2012-10-11 14:28 | バイク